普通のサラリーマンが経済的自由を獲得するため、試行錯誤するさまをつづっていきます。 現在資産約1500万円ですが、配当収入年100万が目標です!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

おススメ紹介!!!
詳しい解説ページへ!
  【アフィリエイトサイト】  ブログに広告のせて副収入GET!!

  【ネット銀行】         高金利低手数料!新サービスもあり!

  【ポイント系サイト】    メール受信するだけでポイント獲得!

  【アンケート系サイト】  座談会参加で2時間8千円の高額報酬も!

  【クレジットカード】     手厚いポイントバック!しかも保険付!

  【証券会社】         口座を使いこなして資産形成!!


  【解約した後の不要になった携帯電話を簡単・高値で買い取ります♪】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私がメインで使用している楽天証券を紹介します。

私が楽天証券をメインで利用している理由は、外国株の取り扱いが豊富だからです。
最近よく耳にするBRICs諸国の株も購入することができます。
私はインド、ブラジルの銀行株を楽天証券を通して購入しました。
(米国市場に上場しているADRの購入となります。)
もちろん中国株も購入できます。

完全リアルタイムの自動更新機能 楽天証券のマーケットスピード

その他、
・手数料が格安
・手数料の一部が楽天ポイントとして還元される
・画面がとても見やすく初心者でも取引しやすい
などの特徴があり、
いろいろな証券会社を利用してきましたが
最終的に私は楽天証券に落ち着きました。



人気blogランキングへ    JRANKブログランキング

   ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
オリックス証券はとにかく手数料が安いです。
株の現物取引の場合、315円から取引できます。

この他、FX、中国株でも非常に手数料が安く、
僕もメイン口座をオリックス証券にしようと考えています。

オリックスグループのオンライン証券会社

香港株に関してはユナイテッドワールド証券のシステムを採用した結果、
香港市場の殆どの銘柄を売買できるようになりました!!
しかも本家ユナイテッドワールド証券よりも手数料が安いのですから言うことなしです!

上場企業のオリックスが運営している証券会社というのも安心感があって◎です!!

オリックス証券
中国(香港)株投資を考えている方ならばここへの口座開設は必須です!

ユナイテッドワールド証券は香港市場に特化した証券会社であり、
香港市場に上市しているほぼすべての株を購入する事が出来ます!
(1124銘柄:2006年3月時点)

香港のカレンダーで営業しているので、
日本が休日、香港は平日の場合でも対応してくれます。
(他の証券会社では日本のカレンダーにあわせた営業がほとんどです。)

あなたの注文が香港証券取引所へ直行。取扱銘柄数は業界トップクラス、日本の祝日も取引OK!!

ユナイテッドワールド証券のもう一つの優れた点として、
香港ドルのまま売買するので為替手数料が安くすむという事があります。
他の証券会社では売買の都度、為替手数料がかかってしまうところが多いですが、
UW証券では入金時と出金時だけしか為替手数料が発生しません。

インターネットによる低コストの中国株取引

携帯での取引にも対応しているので、外出先でもチャンスを逃さず取引できます!

最近中国株の取り扱いを始める証券会社が増えてきましたが、
ユナイテッドワールド証券のシステムを利用している所が多く、
UW証券の優位性を証明していると思います。



唯一の弱点として、中国本土株を取り扱っていないという事がありますが、
これは中国株の老舗、内藤証券と併用することで解決されます。

本格的に中国株を始める方にはUW証券と内藤証券を使い分けることをオススメします。

人民元も取引できる外国為替証拠金取引も提供
内藤証券 は平成7年に日本の証券会社として初めて
上海証券取引所よりB株取扱いの域外代理商認可を取得。
中国株式のパイオニアとして活躍しており、取扱高は国内トップクラスを誇ります。



内藤証券 の特徴は下記のとおりです。

・手数料が業界最低水準
中国本土株にも対応(香港株だけというところが多いです)
中国株も特定口座に対応している(中国株は一般口座というところが大半)
・本土株取り扱い証券会社の中では唯一ネット入金対応
・日本株取引もできる
・取引報告書などの電子交付に対応
・銘柄スクリーニング機能が充実(口座開設者のみ)

中国本土株への投資を考えている方は口座開設必須だと思います。




一方、
・香港株はユナイテッドワールド証券の方が取り扱い銘柄が多い、
・日本のカレンダーでの営業である、ことから、
香港株はユナイテッドワールド証券、本土株は内藤証券 と使い分けるのがおススメです。
ジェイコム事件などの影響もあり、最近IPOに興味もっています。
ジェイコムは8日の初値が67.2万円だったのが
連日のストップ高で今日は最高222万円まで値上がりしたみたいですね。
IPOはなかなかおいしいようですが、なかなか当選しないというのがたまにキズ。。
なにかいい手はないかと調べていたところ、
画期的なサービスを提供している証券会社があったので紹介します。
e-trade証券と松井証券です。

e-trade証券にはIPOチャレンジポイントというものがあります。
IPOに外れた回数に応じてポイントが貯まり、
当選確率がアップするというシステムです。

1回外れていれば次回は当選確率2倍、2回外れていればその次は当選確率3倍、
~~~ 
10回外れていれば次は当選確率11倍!となるようです。
つまり外れた回数+1倍の当選確率となるのです!

また申し込み株数が多くなればなるほど当選確率もアップします。
最低申し込み株数の2倍注文すれば当選確率2倍、
3倍注文すれば3倍!となります。

ちなみにこれはIPOチャレンジポイントと掛け合わせる事が可能で、
IPOチャレンジポイントで3倍、最低申し込み株数の2倍で注文の場合、
3×2で当選確率6倍!となります。
今話題のオンライン証券、始めるならE*トレード証券へ!

次に松井証券ですが、IPOに外れた場合お詫び料を支払ってくれます。
FX口座開設などの条件を満たしている場合1回あたり50円です!
(条件を満たしていない場合は1回あたり20円です。)
松井証券では2004年度、88件のIPOを取り扱ったとのことで、
すべて申し込み、すべて外れた場合は4400円のお詫び料をもらえた計算です。
この低金利の時代、無視できない金額ですよね!
50円もらえるのは松井証券だけ



人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。